ライター募集中♪

婚活アプリPairsで初デート~Pairsを約2か月使用した体験談

この記事は4分で読めます

初デートで根ほり葉ほり聞いてくるのはNG


楽しくランチをして、おしゃべりしておりましたら、Aさんから「もう10人くらい会ってるでしょ?」と聞かれました。

「そんなにベテランに見えました?初めてなんですけど、、、」とお返事したところ、「絶対うそ。笑」と疑われてしまいました。

本当なのに、、、泣 その後も「他にやってるアプリある?」とか、「元カレとは何で別れたの?」、「過去の経験人数は?」など質問攻めにあい、なんで初対面のあなたにそんなことを答えないといけないんだと思ってしまって、答えずに交わしたり、逆に聞いたりして過ごしました。

結局3時間くらい一緒にいることになってしまい、なんだかとても疲れました。
せっかくお会いしてくださったので、お礼のメッセージは入れておこうと思い、メッセージを送信。その後Aさんからはご返信が来ることはありませんでした。

初対面なのに、根ほり葉ほり聞いてくる感じが、ちょっと嫌だなと私は思っていましたし、AさんもAさんで、私に微妙だなと思うところがあったんだと思います。

お互いに合わないと感じていた気がするので、返信が来なかったことに対して悲しむことがありませんでした。次々―!と燃え向きに切り替えられました。

メッセージのやり取りだけではわかりませんでしたが、面会するといろいろ感じるものだなと思いました。

あれこれメッセージのやり取りをするよりかは、すぐあったほうが効率的かもしれません。このときはまだそういう風に、効率ばかりを考えていました、、、

株トレーダー男とデート


Bさんとは、カフェで会いました。 
メッセージのやり取りを1週間くらい続けると、Bさんのほうから会いましょうとお誘い頂き、お会いしてみることになりました。

甘いものがお好きということでしたので、ケーキ屋さんに行くことに。
今回はお店で待ち合わせをしました。大きなリュック(バックパッカーみたいな60Lくらいはいりますよ!みたいなリュックです。)を背負って現れたので、驚きました。

お荷物が多い=お仕事だった?と予想し、「今日はお仕事だったんですか?お忙しいのにすいません、ありがとうございます。」と言ってみました。

するとBさんは「この後仕事だから、PCとか持ってきているんだ」とのこと。
バックパッカー仕様なリュックにPC以外何が入っているのか、妙に気になりましたがそれ以上はふれませんでした。

ケーキが運ばれてきて、いざ食べ始めるといきなりBさんが「働くって大変だよね。」と問いかけてきました。内心、いきなりなんなの?とは思っていましたが、「そうだね~」と流して、「このケーキ美味しいね!」と話題を変えてみましたが、作戦失敗。

Bさんは私のケーキの感想を華麗にスルーし、「1日8時間働くってことは、1日の3分の1を働くことに費やしているってことだよね。」と言ってきました。

世の中の大半の人間はそうだと思うよ、Bさん。と思いましたが「そういうことになるね~」と、否定も肯定もしない返答をしてみました。

「仕事が嫌だな、働きなくないなって思ったことない?」と聞いてくるBさん。

「数年数十年働いていれば、働きたくないなーって思う日くらい誰にでもあるんじゃないかな~」と当たり障りのない返答をしてみる私。

多分Bさんは、当たり障りのない解答ではなく、私自身がどう考えているのかを聞き出したかったんだと思います。

初対面の方になぜお仕事の話をしなければいけないのでしょう?
仮にもこれはデートのはず。なぜお仕事のお話しをする?といろいろと疑問に思っていましたら、すぐに答えがわかりました。

Bさんが唐突にこんなことを言ってきたのです。

「なんのために働いているかって、お金を稼ぐためだよね?お金が自分のために働いてくれたらいいなって思わない?」こんなことって、本当に起こるんですね。

テレビや漫画の中だけのお話しだと思っていました。
要するに、私に株を購入して欲しかったようです。笑 

私の労働時間を心配してくださり、どのような株を購入するのが良いのか有難いご講話を聴くことが出来るセミナーにもご招待いただきました。笑 

もはや面白くなってきてしまったので、興味がある振りをしだしてしまい(どれだけ暇なんですかね、私は笑)「Bさんはどんな株を購入したの?」、「そもそも始めるにも、それなりにまとまったお金が必要なんじゃないの?どうやって調達したんですか?」、「どのくらいの期間で、どのくらいの儲けを出すことができたの?」、「この先もずっと個人トレーダーをやり続けるんですか?」などなど。

ケーキの感想をスルーされた腹いせ?
結局株を買ってほしいだけじゃん!という腹いせ?に、質問をしまくってしまいました。

最終的に、Bさんが引いていましたが。
「セミナーいつあるのかな?有名なトレーダーさんのお話しが聞けるなんて嬉しい!日程とか場所をメッセージで送ってくださいね~」と言ってお別れしました。

1人になった瞬間、Bさんをブロック。笑 

なんだったんだこの2時間は。

変な話を永遠と聞かされ。(確実に後半は、私が話させていましたが笑)今日、ここに来たのは美味しいケーキを食べたかったからという事にしようと自分に言い聞かせました。笑 

メッセージのやり取りを面倒に思い、適当な返信しかしていなかった自分に罰が当たったのではないかと、真剣に思いました。

どんな人がいるのかわからないからこそ、慎重に進めないといけませんね。
石橋は叩いて渡らないといけませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です