ライター募集中♪

エクシオ婚活バスツアーに参加してみました

この記事は8分で読めます

エクシオ婚活バスツアーに参加してみました

いくつもの婚活パーティがある中で、私はエクシオに参加する機会が多いです。
なぜならポイントもたまるし、大手なので企画数も多い、それにパーティ会場では名札変わりの番号札を使うシステムなので、名前などを明かさずに済む点も安心が出来るからです。
このシステムは当たり前だと思っていたのですが、中には名札に年齢を大きく書かなければならない会社やニックネームを書いてニックネームで呼び合うという企画もあるそうで、ちょっと引いてしまうようなイメージもあって、エクシオに集中してチェックしています。

 

婚活バスツアー

エクシオの婚活パーティに参加していていつも感じることは、なかなか会話が続かないとう事でした。
席移動で目の前に座った人と趣味は○○なんですね?○○に住んでいるんですね?などの簡単は話題はありますが、その後踏み込んで話をする前に席移動になってしまったり、フリータイムになっても結局ざわざわした雰囲気におされてしまった、ゆっくりと話ができなかったり。カップルになっている人を見るたびに、自分の頑張り次第なんだとわかるものの、でもどうしたらいいのかと考えてしまっていました。

 

その時、婚活パーティの会場に大きく「いちごがりバスツアー」の案内ポスターを見つけました。
いちごがりなんて、子供の頃に行ったきりで大人になってからはまるで機会がなかったのでなんだか不思議な企画にも思えました。
でも、たまには週末にいつもと違う場所へ出かけてみるのもいいかなと申しこむことに。
費用は着席式の婚活パーティよりもやや高めでしたが、当日のランチ付きなので驚くほどの価格ではありませんでした。
工程は午前中に集合して、いちごがり、ランチそれから公園でフリータイムとまるで学校の遠足のようで、久しぶりの遠足気分でなんだかとても楽しみでした。

 

バスツアー当日は

ツアーの集合場所にあつまると、着席パーティの時と同様に番号の書かれた名札を渡され、座席は窓際が女性になるように案内されました。男女で隣同士になるように隣は男性に。
バスの中ではガイドのかかりの人が当日の工程や流れを説明してくれました。
初対面の人との隣に座るので、なんだか緊張してのですが、当日の工程のことやお互いのプロフィールについて話ができたので、それなりに話題が盛り上がりました。
中には、まるで話をしていない座席もあったようですが。バスが休憩の場所へ止まったり、現地へ到着するタイミングなどでその都度席替えがされるという仕組みななっていました。

 

現地のいちごがり会場では、集合時間と簡単な説明でフリータイムスタイルになっていました。
会場になっている農場はとても広くて、自由に移動しながら話が出来るので、いちごに夢中になる人、グループになって話をしている人、カップルで話をする人などさまざまで自由な雰囲気でした。
その後、ランチの会場へ移動したり、公園に移動したりと。ランチの会場にもなると、お互いにもう顔見知り感があって、座先も自由で賑やかな雰囲気でした。初対面同士ではなかなか話が盛り上がりにくかったりするものですが、このツアーは本当に賑やかでした。
着席式の婚活パーティや立食式の場合、まずは初対面の人と話をしなければということについ意識が向いてしまって、気づかれしてしまうので、バスツアーならそのような気遣いがないので楽しく過ごすことが出来ました。

 

バスツアーでのポイントは

バスツアーはお互いに一緒に過ごす時間も長く、色々な話が出来るのですぐに仲良くなれるという点ではおすすめです。
でも着席式の様に待っているだけでは、うまくいかなと言う事を覚えておきましょう。
バスの座席は自由に決めることが出来たのですが、基本的には女性は待っている立場です。
ですから、この人ともっと話がしてみたい、この人の隣に座りたいという希望があれば、事前に相手に伝えておく事はもちろんですが、お互いにOKであれば、担当のガイドさんにその事を伝え、次の乗車の時には同時にバスへ乗り込めるようにしてもらうとよいでしょう。

 

心の中では隣になりたいと思っていても、もしかしたら偶然隣に座ってくれるかもという淡い期待をしているだけでは、気が付けば気になる人は他の人の隣に座ってしまうものです。
車内で隣になった人とはその後の行動も一緒になるものなので、バスの座席は絶対に逃したくないチャンスなのです。

 

中には、とても積極的な女性も居てバスに乗るときは、先頭に並び運転席に近い前方の座席にまずは座ります。
女性全員が乗り終わってから、男性が乗車するので、その時に気になる男性の番号を自ら呼び、隣に座ってもらえないかと声を掛けていました。
他の人が座ろうとするとやんわりと断って、気になる人が来るまで隣の席を空けておくのです。
すごいな、積極的だなとは思いつつも、婚活は「思っているだけ」ではだめなんだとよくわかりました。2回からは、私も積極的に行動をしようと思います。

エクシオ婚活バスツアーに参加してみました

いくつもの婚活パーティがある中で、私はエクシオに参加する機会が多いです。なぜならポイントもたまるし、大手なので企画数も多い、それにパーティ会場では名札変わりの番号札を使うシステムなので、名前などを明かさずに済む点も安心が出来るからです。このシステムは当たり前だと思っていたのですが、中には名札に年齢を大きく書かなければならない会社やニックネームを書いてニックネームで呼び合うという企画もあるそうで、ちょっと引いてしまうようなイメージもあって、エクシオに集中してチェックしています。

 

婚活バスツアー

エクシオの婚活パーティに参加していていつも感じることは、なかなか会話が続かないとう事でした。
席移動で目の前に座った人と趣味は○○なんですね?○○に住んでいるんですね?などの簡単は話題はありますが、その後踏み込んで話をする前に席移動になってしまったり、フリータイムになっても結局ざわざわした雰囲気におされてしまった、ゆっくりと話ができなかったり。カップルになっている人を見るたびに、自分の頑張り次第なんだとわかるものの、でもどうしたらいいのかと考えてしまっていました。

 

その時、婚活パーティの会場に大きく「いちごがりバスツアー」の案内ポスターを見つけました。
いちごがりなんて、子供の頃に行ったきりで大人になってからはまるで機会がなかったのでなんだか不思議な企画にも思えました。でも、たまには週末にいつもと違う場所へ出かけてみるのもいいかなと申しこむことに。
費用は着席式の婚活パーティよりもやや高めでしたが、当日のランチ付きなので驚くほどの価格ではありませんでした。
工程は午前中に集合して、いちごがり、ランチそれから公園でフリータイムとまるで学校の遠足のようで、久しぶりの遠足気分でなんだかとても楽しみでした。

 

バスツアー当日は

ツアーの集合場所にあつまると、着席パーティの時と同様に番号の書かれた名札を渡され、座席は窓際が女性になるように案内されました。男女で隣同士になるように隣は男性に。
バスの中ではガイドのかかりの人が当日の工程や流れを説明してくれました。
初対面の人との隣に座るので、なんだか緊張してのですが、当日の工程のことやお互いのプロフィールについて話ができたので、それなりに話題が盛り上がりました。中には、まるで話をしていない座席もあったようですが。バスが休憩の場所へ止まったり、現地へ到着するタイミングなどでその都度席替えがされるという仕組みななっていました。
現地のいちごがり会場では、集合時間と簡単な説明でフリータイムスタイルになっていました。会場になっている農場はとても広くて、自由に移動しながら話が出来るので、いちごに夢中になる人、グループになって話をしている人、カップルで話をする人などさまざまで自由な雰囲気でした。
その後、ランチの会場へ移動したり、公園に移動したりと。ランチの会場にもなると、お互いにもう顔見知り感があって、座先も自由で賑やかな雰囲気でした。初対面同士ではなかなか話が盛り上がりにくかったりするものですが、このツアーは本当に賑やかでした。
着席式の婚活パーティや立食式の場合、まずは初対面の人と話をしなければということについ意識が向いてしまって、気づかれしてしまうので、バスツアーならそのような気遣いがないので楽しく過ごすことが出来ました。

 

バスツアーでのポイントは

バスツアーはお互いに一緒に過ごす時間も長く、色々な話が出来るのですぐに仲良くなれるという点ではおすすめです。でも着席式の様に待っているだけでは、うまくいかなと言う事を覚えておきましょう。
バスの座席は自由に決めることが出来たのですが、基本的には女性は待っている立場です。ですから、この人ともっと話がしてみたい、この人の隣に座りたいという希望があれば、事前に相手に伝えておく事はもちろんですが、お互いにOKであれば、担当のガイドさんにその事を伝え、次の乗車の時には同時にバスへ乗り込めるようにしてもらうとよいでしょう。
心の中では隣になりたいと思っていても、もしかしたら偶然隣に座ってくれるかもという淡い期待をしているだけでは、気が付けば気になる人は他の人の隣に座ってしまうものです。車内で隣になった人とはその後の行動も一緒になるものなので、バスの座席は絶対に逃したくないチャンスなのです。

 

中には、とても積極的な女性も居てバスに乗るときは、先頭に並び運転席に近い前方の座席にまずは座ります。
女性全員が乗り終わってから、男性が乗車するので、その時に気になる男性の番号を自ら呼び、隣に座ってもらえないかと声を掛けていました。
他の人が座ろうとするとやんわりと断って、気になる人が来るまで隣の席を空けておくのです。
すごいな、積極的だなとは思いつつも、婚活は「思っているだけ」ではだめなんだとよくわかりました。2回からは、私も積極的に行動をしようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です