ライター募集中♪

カップリング発表タイムへ!街コンダイヤモンドの発表方法とは?

街コン会場のあるビル

この記事は2分で読めます今回のカップルは3組。
それぞれのナンバーカードの番号と名前が発表されるシステムでした。
1組目は例の感じの良かったホテルマンと若い女の子。
2組目はナルシスト美容師と若い女の子
ラストは、携帯ショップ店員の彼と・・・・若い女の子。
まぁ、予想していた結果ですが彼とはカップリング成立ならず・・・。
「はいはい、まぁ予想通りの結果ね。じゃあ、帰ろ帰ろ」
と、31歳の後輩と私の手を引きぐいぐい引っ張る34歳女性。

あぁ、せめて最後に携帯ショップ店員の彼に声かけを・・・!と思ったけれど、既にカップリングした女の子と話始めていたので、諦めて彼女の手に引かれるまま会場を出ました。
正直、一刻も早く彼女達とは別れたかったのですがなんと帰り道の電車の方向まで全く同じで最寄り駅で降りるまでずっと一緒でした。
どうも私はこの34歳女性に気に入られたようで、帰り道にLINEを交換しようと言われ交換し帰宅しました。
ちなみに後日談ですが、この34歳女性にはこの半月後、合コンに誘われました。
普段、合コンに誘ってくれる人もいないので不安に思いながらも参加を決し、参加してみたところ男性達は全員10歳以上年上でしたが案外普通の人達でした。恋に発展するような人はいませんでしたが・・・。

街コン会場のあるビル

今回は、いつもの婚活パーティーとは違う「街コン」というジャンルのパーティーへの参加でしたが、婚活パーティーとはやはりかってが違いました。
まずは街コンは基本、複数人数での参加をする人が殆どかつ、目の前の男性と話す時間が婚活パーティーよりも長いので、一緒に参加する女性とのチームワークが肝心。
私のように容姿もトークも並み及び並み以下で一人参加してしまうと、そのチームワークはたまたま近くの席になった女性グループにゆだねられてしまうので勝率がその人達によって大きくかわってしまいます。

そして平日、それも月曜日の参加だったことも影響しているのか、男性達は殆ど高卒のサービス業で結婚相手を探すという意味ではかなり厳しい感じでした。
女性と3~5分話して相手を決める婚活パーティーと違い、アルコール含む飲食をしながら1人(組)の女性と最低15分以上話をしなければいけないというのは、平日仕事の男性達には体力使うし厳しいのかな・・・とも思いました。
ちなみに、自身のプロフィールシートは個人情報につき持ち帰りが必須なのでもちろん持ち帰りました。
そして、“恋するLINKシステム”に携帯ショップ店員の彼が記載してくれたLINEのIDがあったので、内緒でこっそり検索してみました・・・が、該当するIDは見つからず・・・。
彼が書き間違えたのか、検索を許可していなかったのか、はたまたでたらめを書いたのかはわかりませんが、結局彼とのご縁は繋がらずでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です