ライター募集中♪

ミクシィ主催の街コンえくるに初参加してきたので体験談(写真有)

この記事は6分で読めます

ミクシィ主催の街コンえくるに初参加した体験談(写真有)

 

街コンって実はあまり興味なかったんですが、友達の付き合いもあって参加してすることなりました。

 

参加したのは、ミクシィグループ主催の街コンです。

 

ミクシィと言えば、スマホゲームのモンストで有名ですよね。

 

大手の会社が運営していて安心感があったのが、一番の決め手となりました(笑)

 

 

参加した「えくる」の街コンは、なに?

 

参加した街コンは、年上カレシと年下カノジョというテーマでした。
会場は、東京の丸の内。
参加条件としては、男性:27から33才。女性:22歳から27才。

 

 

年上好きな女の子だけが集まってるわけですから、33才のオッサンもチャンスありそうじゃないですか?

 

それにしても、22から27才というピチピチ女性と出会えると思うとテンション上がりますよね!
期待マックスです!

 

こういうところが、合コンとは違うメリットかなって思います!
合コンだと、相手が何才とか指定できないし、相手がサバを読んでるかもしれないですし。

 

ちなみに、この街コンは、身分証の提示があるのでしっかりしてると思います。

 

参加費は、ネット上で先払いです。
クレジットカードの中でも、たくさんポイント貯まるのは、楽天です。オススメ!
ちょっと高いですが、友達同士でやる合コンに行くのとそんな変わらないお値段ですけどね。

 

468_60

 

参加した「えくる」の街コンの参加費用は?

 

どこの街コンも同じですが、男性の方が割高でした。

 

男性2名1組で、15,600円。なので、1人7,800円ですね!
ちなみに、えくるの街コンは1人で参加できません。
別にえくるだからという事もなく、基本、街コンというのは男性も女性もペアで参加するルールとなってます。
中には、稀に1人参加OKの街コンもあるかもしれませんが、基本ないと思ってOKですよ。

 

参加した「えくる」の街コンの参加条件は?

 

今回申し込んだ街コンの参加条件は、年齢だけでした。

 

男性の参加年齢資格が、27から33歳。
そして、女性が、22から27歳となってます。

 

街コンタイトル通り、年上彼氏を探している女性と、年下彼女を探している男性がピッタリマッチするような年齢条件となっていますね。

 

街コン当日は、有楽町で待ち合わせ!

 

会場となるドイツビールレストラン「カイザーホフ」は、JR東京駅からも徒歩5分、JR有楽町駅からも徒歩5分、地下鉄有楽町線有楽町駅からも徒歩5分と好立地。

 

場所も、ちょっと早めに入って、有楽町前のビックカメラで家電をチェックしたり、丸の内に近いので、丸ビルでショッピングを楽しんだりも出来るから楽しめますね。

 

まぁ街コンは、2人ペアが基準で、2人揃ってないと受付できないケースもあるので、一緒に仲良く行くのがベスト。
自分は、有楽町前にあるビックカメラ前で友達と待ち合わせました。

 


 

友達と合流して、会場まで徒歩で向かっていくと、新東京ビルを発見!かなり大きなビルで驚き(笑)

 

 

エントランスの中に入ると、めちゃくちゃ天井が高い!
こんな綺麗なオフィスビルで働いている人ってなんだか羨ましい~!

 

 

建物内に入ると、レストランの案内があり、そこに地下一階にカイザーホフというお店が確かにありました!ここが、本日の会場だとわかりまずは一安心。

 

カイザーホフは、ドイツビールやドイツソーセージが楽しめるお店らしく、店内の大型テレビスクリーンでサッカー放送もするみたいです。

 

 

街コンの受付開始

可愛くて若いお姉さんが出迎えてくれました。
この子でいいんだけど!って思うほど可愛い!
あまりに可愛いので、受付時にこそっと写真撮っちゃいました。
ちなみに、名札が書いてあってこの子の名前は、リサコちゃんでした(笑)

 

 

受付では、ラインを使うので、あらかじめラインアプリをインストールしておくと当日スムーズです。
ラインのQRコードで「えくる」と友達になり、「丸の内」と話しかけると、会場マップとスケジュール表が送られてくる仕組みとなってました。
この辺りは、ハイテクというか便利な世の中になったなぁと思うところ。

 

受付:「お越しいただきありがとうございました。30分後に戻ってきてくださーい!」

 

とのことだったので、同じフロアにあった大戸屋で軽くドリンクでも飲んで過ごす事にしてました。
受付まで時間をつぶしたい人は、近くに大戸屋とかサンマルクカフェなど色々あります。

 

 

「いや~!どんな女の子がいるかな~?」
「今日は、若い女性が多いから楽しみだな~!」

 

とかとかこれから始まる街コンに期待を寄せながら、男子トークが弾むのであった。

 

街コン開始5分前!

時間が近づいてきたので、大戸屋でお会計を済ませ足取りも軽やかに会場へ。
受付では、ちょっと人が入場待ちしていたが、割とスムーズに進んでいった。

 

 

お店に入るとカウンターがあり、まず、ドリンクのオーダーをすることに。
先ほど渡されたドリンクチケットを一枚につき1ドリンクなので、1枚渡し生ビールをオーダーした。
1会場で2枚まで、つまり2杯まで注文可能。

 

 

ドリンクメニューには、もちろんノンアル系(コーラ、オレンジジュース、ウーロン茶など)もあった気がしたが、1回目のトークタイムから全力で飛ばすためにも、まずはアルコール系ドリンクでしょ(笑)
それに、このお店はドイツ系レストランだから、ビール頼まなきゃ何飲むの?(笑)

 

で、その後スタッフに我々の席に案内されました。

 

 

「こちらです!と案内された席には、すでに女性ペアがいるじゃないですか!」

 

無言で着席するのも変なので、「こんちにわ!」と挨拶を済ませとくのが無難。

 

時間になると、スタッフによる司会進行がスタート。
まずは、街コンの流れを説明してくれ、そのあと乾杯の挨拶をしてくれました。

 

街コンの流れとは?

 

全部で3つの会場があるので、それらを順々にまわっていくスタイル。

 

今回でいうと、カイザーホフ、ムンバイ、TARU TARUという3店舗ですね。

 

1つの会場では、15分ごとに席替えがあり、計2回分のトークタイムが設けらます。つまり、1会場で4人の女性とトーク出来るのです。

 

1会場で4名の女性と出会えるので、3会場では12名の女性と出会う計算です。

 

1に12名の女性と出会えるなんて、なかなかないから楽しみで仕方ないですよね!

 

いよいよ、トークタイムの始まり!

 

えくる,街コン,婚活,体験談,口コミ,婚活パーティー,野郎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です