ライター募集中♪

婚活パーティー体験談~Party☆Partyの自己紹介カードに書いたこと~

この記事は3分で読めます

自己紹介カードに書いたこと


 先ほども書きましたが、Party☆Partyでは、プロフィールが事前登録でした。
記入する項目は「お名前」、「ふりがな」、「性別」、「生年月日」、「お住まい」、「携帯電話番号」、「職業」、「年収」、「最終学歴」、「身長」、「出身地」、「婚姻歴」、「自己紹介」、「続柄」、「血液型」、「喫煙」、「お酒」、「休日」、「料理」、「得意料理」、「趣味」、「現在の住居」でした。

ここでも、私は変な不安から、素直にプロフィールを登録することが出来ず、「職業」に“その他”と書いてしまったり、「年収」を低めに設定してしまったりと、虚偽の報告をしてしまいました。

申し訳ございません。笑 

何度も参加される場合は、いちいちプロフィールをパーティーの度に紙に書くのは億劫だと思いますので、事前登録はいい制度なのかもしれません。

婚活パーティー初心者にとっては、ちょっと不安に感じてしまいました。
名前をひらがなで登録した私を、笑っていた同僚も「職業」欄を“その他”にしており、やっぱりみんな考えることは同じなのかもしれないねと二人で笑っていました。

プロフィールの事前登録で良い点は、余裕を持って書く内容を考えられることだと思いました。
前回参加した婚活パーティーでは、受付後に用紙が配布されてその場で書かなければいけませんでした。

道に迷い、到着が遅れてしまったため、書く時間が全くなかった前回を考えると、このシステムは素晴らしいと感じました。(もう少し、私の警戒心が弱ければ?もっと純粋であれば?もう少しスムーズにプロフィールを書くことが出来たはずですね、反省点でございます。)

少しでも興味を持っていただくために、女子力の高そうな項目「料理」は、“ほぼ自炊”を選択。(これは嘘じゃないです!)「得意料理」の欄には、“パン作り”と記入しました。(こちらも嘘じゃないですよ!)

お料理って男性からしたら、女性には出来て欲しいことNo.1じゃないでしょうか。私の周りの男性のみなさまは、お掃除やお洗濯よりも、お料理が出来ることを望む男性が多い気がします。

可愛げのない私は、人に求める前に、自分がお料理出来るようになったらよろしいじゃないか!お料理してくれる人が欲しいなら、家政婦さんでも良いってことでしょ!とか思ってしまいます。

なんて婚活に不向きなんでしょう。笑

前回同様に思ったこととしては、婚活パーティーは基本的に一対一での会話ですので、お食事会とは違い、興味のわかない方(失礼な発言、大変申し訳ございません。)に気を遣う必要がありません。

この人は無い!と感じてしまった瞬間、心の扉を閉ざしてしまったとしても、周りに悪影響を及ぼす事がないのは、婚活パーティーの良い点だと感じました。

ましてや今回は“個室”ですので、人目が気になりません。
ただ、女性側の参加者も見ることが出来ないのはちょっと、、、やはり敵?の様子も伺いたくなるのが、女性の本音ではないでしょうか。
そういう場に行くと、自分より若そうな子しかいない!とか、美人が多い!とか、会場の様子を観察したくなってしまうのです。

受付を済ませた後、iPadが配布された


受付を済ませた後、iPadが配布されました。
開始の時間まで、相手のプロフィールを確認することができました。
今回はかなり早めに会場に到着(なんなら1番乗りでした。)することが出来ましたので、お手洗いでお化粧をお直しする時間もありましたし、事前に男性参加者のプロフィールを熟読する時間もありました。

時間に余裕をもった行動の大切さを再確認いたしました。
プロフィールでどうしても目がいってしまうのは、「職業」と「年収」。生々しくて申し訳ございません。でも見ちゃいませんか?見ますよね?だって書いてあるんですもの!

年収はみなさん300万円~400万円といったところでした。
29歳~32歳の男性なので、平均的なところだと思います。
自己申告なので、どこまで本当かわかりませんが。(私自身、虚偽の報告をしていたので、その点に関しては何も言えません。笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です