ライター募集中♪

婚活パーティー体験談~Party☆Partyの好印象だった男性、印象が悪かった男性~

この記事は4分で読めます

好印象だった男性、印象が悪かった男性


 今回参加をして1名だけ印象が悪かった男性がいらっしゃいました。
年齢も上ですし、きっと職場でも部下がいらっしゃる役職が付いたポジションの方なんだと思います。

おっしゃることの随所に“上から目線”な発言を感じる方でした。

「君は知らないかもしれないけど~て世間では言うんだよ」とか、「~に決まってるじゃん!」とか、「~じゃダメだよ。」とか、、、ちょっと伝わりづらいかもしれませんが、個人的に気になってしまいました。聞く人によっては、そのくらいどうって事ないよ?という方もいらっしゃると思います。

その男性も悪気があったのではなくお兄さん的な気持ちで、私に話かけてくださっていたんだと思います。

ですが、私からしたら、ただの上から目線にしか感じられませんでした、、、こじらせ系アラサーなせいでしょうかね。汗 

自分よりも知識や、経験の多い方のお話しを聞くと、凄いなぁと尊敬出来る事が多いのですが、その方の話し方が気になってしまって、内容が全く入ってきませんでした。

“謙虚さ”って大切ですね。私も気を付けようと思いました。反面教師発見。笑 
謙虚な気持ちと、相手を尊重することを忘れずに活動します。気づきを与えてくださったお兄さんに感謝と、素敵な方に巡り合えることをお祈りしました。

カップリング結果


カップリングもiPadで操作です。
間違えていないか、何度も確認してしまいました。
スタッフの方が「後何分でーす!」とカウントダウンするので、焦る必要もないはずなのに、なぜか焦ってしまいました。

第3希望まで出すことが出来たので、設計さん、先生さん、営業さんの順で提出してみました。

結果は、設計さんとカップリングが成功しました。

一緒に行った同僚もカップリングが成立したようでした。
この後、男性が退室したのをスタッフさんが確認してから、女性が退室するシステムでした。

カップリングした方々はエレベーターホールで再会するよう、スタッフさんから指示がありました。
事前に同僚とは、カップリングが成立しても、この後は反省女子会を行う約束をしていました。

エレベーターホールで設計さんとLINEIDを交換して、またご連絡すると言ってお別れしました。
その後、場所を移動して同僚と反省女子会を開催しました。

まずは、初対面の男性とにこやかに会話を続けた自分たちにお疲れ様でしたと労う私たち。
ちなみにスタッフさんの発表によると、今回のカップリング成立は50%だったそうです。

男性8名、女性7名の参加者がいらっしゃいました。
4組のカップリングが成立したということでしょうか?
1人第3希望まで出せる、、、ここで普通に確率の計算をしてしまうのは、ダメですかね?笑 

そういえば、カップリングの前に、“いいな♪の気持ちを伝える”というイベントがありました。
これもiPadで3名に送ることができました。私は誰も選ばずに確定のボタンを押してしまいました。
そのあとすぐに、その結果が自分のiPadに表示されたのですが、私が頂いた“いいな♪“の数は3つでした。8名中3名と思うと、嬉しくて心の中で小躍りしてしまいました。
そのことを、同僚につたえると少し沈黙した後、彼女が計算をし始めました。

8名の男性がそれぞれ3票もっているので、全体の票数は24票。
女性は7名参加しているので、24票を7で割ると、3.42票。3票は平均値では?
平均値よりちょっと足りないくらいでは?と冷静な分析を繰り広げたのです。

小躍りしてしまった自分に反省です。
つい先ほどまで、カップリングの確率を気にしていたのに、“いいな♪“の確率は計算出来ていなかった自分に反省です。

事実を突きつけてくださった同僚に感謝の気持ちが芽生えました。
謙虚な気持ちの大切さを学んだばかりなので、心に響きました。笑 

反省女子会では、「何番さんはあり得なかったよねー!」とか、「何番さんはイケメンだったよねー!」とかいう、男性には決して聞かれてはいけない、女子会特融のゲスなお話しをしようと言っていたのですが、現状分析をして、大人しく解散しました。

まだまだ婚活経験値が足りないという結論にいたりました。そんな結論でいいのかについては、一旦目をつぶっていただけると幸いです。笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です