ライター募集中♪

結婚相談所パートナーエージェント体験談~直接会うことに~

この記事は5分で読めます当日は平日、お仕事帰りにお会いすることになりました。

自宅がお互い離れていたのですが、東京まで来てくださり、お店もご予約しておいてくださっていました。苦手な食べ物が無いか等聞いてくださるAさんに優しい方だなという好印象をもちました。

美味しいイタリアンを食べて、しばらくしたときに気になっていたことを質問しました。
Aさんは26歳と若かったので、なぜ相談所に登録しているのか聞きたかったのです。

「相談所なんて登録しなくても、出会いなんてたくさんあるんじゃないの?」すると、Aさんは、「結婚願望が強いから普通の出会いよりも、こっちのほうが効率がいいと思って」と。

確かにその考え方」には賛成です。

彼女が欲しいのではなく、将来のパートナーが欲しいのであれば、納得の意見でした。

それにしても若いので、「どうしてそんなに結婚されたいの?」と質問してしまいました。

「温かい家庭を持つのが夢で、帰る場所があるっていいかなって」とのことでした。

それも納得できる理由ではあるのですが、疑問を持ってしまいました。

結婚願望のお話しをする前に、Aさんは家族との関係のお話しをしてくださいました。(正しくは私が聞いたのですが、、、)

実家も、一人暮らししている場所もとても近いとおっしゃっていたので、「そうなんだ!ご両親も安心だね。ご実家にはよく帰っているの?」と聞くと、「もう2年帰っていない。」との返答が。

正直驚きました。目と鼻の先に住んでいるのに、お盆もお正月も帰らない方もいらっしゃるんですね。

世の中にはいろんな方がいます。

「お仕事が忙しくて、帰る余裕がないのかな?大変なんだね。」と答えると、「そういうわけじゃなくて、帰りたくないから帰ってないだけ。」とおっしゃっていました。

それを先に聞いてしまっていたからなのか、Aさんの言う、「温かい家庭を持つのが夢で、帰る場所があるっていいかなって」に疑問を持ってしまいました。

「ねえ、本当にそう思ってる?」と問いかけたくなってしまいました。
まだお会いして2回目でそこまで指摘?矛盾?にフォーカスしてしまっては良くないと思い、言葉を飲み込みました。Aさんにとって、「帰る場所」=「帰りたいと思える場所」なんだと思いました。

きっとご実家は帰りたいと思えない場所なのかもしれません。
Aさんにとって。どうすれば「帰りたくなる場所」になるのか、Aさんの中に解や策があれば良いのですが、、、考えていたら深みにはまりそうだったので、一旦このお話しからは抜け出すことにしました。
ご家族のお話しは一通り伺いましたので、お友達のお話しに切り替える作戦にでました。笑

「Aさんは、生まれも育ちも同じ場所だよね?付き合いの長いお友達が多そう!」と言ってみました。
「そうだね。付き合いの長いやつはいるね。大学の友達は微妙だけど、地元の友達は多いかな。」とおっしゃっていました。

相談所に登録しなくても、出会いあるでしょう?大学のお友達からご紹介とかあるんじゃない?と前に言ったときの反応が、いまいちだったのは、大学時代のお友達が微妙だからなのかと理解できました。

人間合う、合わないはありますので、大学時代の友人関係が微妙な感じになってしまったのは仕方がないですよね。地元にお友達がいらっしゃるのであれば、大丈夫な方かな?お友達がいない一人を好むタイプ?ではなさそうと判断しました。

デートした相手は筋トレ好き


ご自身の趣味のお話しをメインにしてくださっていたのですが、趣味は筋トレとのことで週に何度かジムにも通っていらっしゃるとのことでした。

「健康に気が使える方って素敵ですね。」とコメントすると嬉しそうな様子でした。

筋トレで効率よく筋肉をつけるために、タンパク質を摂取するようにしているそうで、冷蔵庫の中に、卵とささみしか入っていなかった時期があるという笑い話?をされていました。

卵とささみしか入っていない冷蔵庫、、、こわい。笑 男性の一人暮らしだと、そのようなものなのでしょうか?周りの友達にも飲み物しか入ってない(主にビールのみ)とか、冷凍食品だけあるとか、聞く気がします。ちょっとタンパク質に偏りがちなAさんの食生活が垣間見えました。笑
 
物腰の柔らかな口調と、好青年な印象が2回お会いしても変わらず、良い方だなと思いました。
結婚願望がしっかりとあるので、「仕事で疲れて帰ってきた日に、ご飯が出来ていたりしたら最高!」とか、「家事が苦手だから、手伝ってくれる人が欲しい。」的な発言が多かったです。

お仕事で疲れて帰ってきた日に、ご飯があったらそれば幸せだね!と思いますよ。
男性だけでなく女性の私でも思いますよ。笑 そのようは発言からして、専業主婦希望なのかな?と感じました。

Aさんの年収からすると、専業主婦は厳しそうですが、、、「奥さんには専業主婦になってもらいたいの?」と聞くと、「うーん、働いてもらっても、働かなくてもどっちでもいいけど、家の事はやってほしいとは思うよね。」と笑いながらおっしゃっていました。

その気持ちはわからなくもないのですが、正直なところ、ちゃんと家事の大変さを理解した上でも同じことが言えるのかな?とか思ってしまいました。

あとは、もっと稼いげるようになってからしか、そういうことは言ってはいけないと思うよ。笑とか思ってしまいました。多分この意見は男性全般のご意見ですよね。

主に家事は女性でいいと思うんですけど、8:2とか7:3くらいの配分でお願いしたいです。笑 

もしくは勤務時間の比率とか、年収の比率とか。笑 
それはシビアすぎますけど笑 働いていれば、10:0は無しにしてほしいです。
自動車事故でもそうならないですし。笑

ちょっと家族に対するご意見への疑問と、「家事が苦手だから、手伝ってくれる人が欲しい。」的な発言にひっかかるところがあり、この先関係を継続するか迷いました。

とりあえずまたいい人をご紹介していただけるまでが、続けようと決めてAさんの良いところを見つけるよう心がけることにしました。

ですが、その後も紹介から面会を繰り返しておりましたが、いいなと思える人には出会えませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です